熱帯魚を飼おうと準備中。

めだかをいただいたので、きっちり飼ってやろうと、小さめですが水槽一式を買ってきました。

以前から熱帯魚を飼いたいと思っていたんですが、この機会にいろいろ調べてみると、熱帯魚はきっちりした水の管理が必須なんですね。温度だけかと思っていた。。。

まずバクテリアが住んでいる水を作り、魚の種類によって硬水、軟水、pHを整えてやる、というのが必要なようで、2・3週間はめだかだけを入れる予定だったんですが、めだかだけだともの寂しかったので、苔を食べてくれるというヤマトヌマエビ↓というのも買って入れて見ました。

ヤマトヌマエビ

ところが、こやつらは小さい魚は補食してしまうということがあるらしく、すぐさま撤去。。。ということで、今のところめだかだけが泳いでます。

水が整えば、青と赤のコントラストがきれいな「ネオンテトラ」を入れる予定。

あとは水草や流木をレイアウトして、もっと見た目きれいにしようといろいろ調査中。

まあ水槽が小さいのであまり、いろんな種類の魚をいれられないですが、ちょっとずつ種類を増やしていこうと思います。

jQuery – メニューをスクロールに付随させてみる

最近国内のサイトでもちょくちょく目にするようになった「スクロールに付随するメニュー(「ユニクロ 特集/+J FINAL COLLECTION | MEN – ユニクロオンラインストア[store.uniqlo.com]」のページの少し下の方にあるメニュー一覧のような動きになるもの 2011年12月2日時点)」を実装してみます。

この実装はすごく簡単で、スクロール位置と固定する要素の位置を比べ、スタイルを書き換えるだけです。

jQuery メニューをスクロールに付随させてみるサンプル(headerFixedBoxを固定)
jQuery メニューをスクロールに付随させてみるサンプル(asideFixedBoxを固定)

サイドバーに固定要素を置く場合は、フッターにかぶってしまうことがあると思うので、それを回避するように条件を加えてみました。

$(function(){
floatBox("#headerFixedBox");
floatBox("#asideFixedBox", 1);

//ele=固定する要素、flag=サイドバーに固定する要素があり、フッターにかぶらないようにする場合に「1」を指定
function floatBox(ele, flag) {
	//固定する要素を取得
	var box = $(ele);
	//固定する要素の位置を取得
	var fixed_box_offset = box.offset();
	//固定する要素のサイズを取得
	var box_size = {"width": box.width(), "height":  box.height()};
	//フッター要素の位置を取得
	var footer_box_offset = $("#footer").offset();
	//スクロールイベントが発生したら実行
	$(window).scroll(function() {
		//スクロール位置を取得
		var scroll_val = $(this).scrollTop();
		//固定する要素の位置よりスクロール位置が大きくなれば...
		if(scroll_val > fixed_box_offset.top) {
			//固定する要素にtop:0が指定されていなければ...
			if(box.css("top") != 0) {
				//スタイルを追加
				box.css({
					"position": "fixed",
					"z-index": 999,
					"width": box_size.width,
					"height": box_size.height,
					"top": 0,
					"bottom": "auto"
				});
			}
			//フッターがあり、横メニューがかぶらないようにする場合は...
			if(flag == 1) {
				//フッターの位置よりスクロール位置が大きくなれば...
				if(scroll_val > (footer_box_offset.top - box_size.height)) {
					//スタイルを追加
					if(box.css("bottom") != 0) {
						box.css({
							"position": "absolute",
							"z-index": 999,
							"width": box_size.width,
							"height": box_size.height,
							"top": "auto",
							"bottom": 0
						});
					}
				}
			}
		//固定する要素の位置よりスクロール位置が小さければ...
		} else {
			//固定する要素のstyle属性を削除
			box.removeAttr("style");
		}
	});
}
});

あとは固定する要素の位置を取得するための、もととなる要素のCSSに「position: relative;」を指定します。

/*
#headerFixedBoxのもととなる要素
*/
#wrap {
	position: relative;
	margin: 0 auto;
	width: 900px;
}
/*
#asideFixedBoxのもととなる要素
*/
#aside {
	position: relative;
	float: right;
	width: 280px;
	min-height: 1600px;
	background: #111;
	color: #eee;
}

と、これでスクロールしてもついてくるメニューの完成です。

コピペですぐ使えるように関数化しているのですが、関数内にフッター要素のIDを直接していしている箇所があります。もし利用される場合は、関数内の「#footer」のところを、ご自身のサイトのフッターに割り当てているIDに変更してください。

	//フッター要素の位置を取得
	var footer_box_offset = $("ここを書き換え").offset();


今回はスクロールしてもついてくるメニューということで簡単なものをつくりましたが、これを元にして、ある一定箇所までスクロールしたら要素を表示させる、といったこともできます。

ソースをいじってテストできるようにJS Binにも置いておきました。いろいろ確認してみたい方はどーぞ。

JS Bin ソース確認用